“メラニン”が沈着するとしみになると聞くと”メラニン”が肌にたまり、留まっているイメージを持つかもしれませんが、しみになっている部分は正常な肌の部分と比べて刺激された「メラノサイト」が”メラニン”を大量に生産し続けているだけなのです。
その量が多すぎるために肌表皮にしみとして現れてしまいます。
ですが”メラニン”は健康で美肌を保てていればターンオーバーされ、角質と一緒に垢となって排出されるのです。

しかしストレスや加齢、ホルモンの影響によって肌が乾燥したり荒れてしまうとターンオーバーが上手く行えないこともあり、”メラニンの沈着”という表現が使われているのです。
「メラノサイト」はお肌を守るために”メラニン”を生産しているので、しみは肌が抱える違和感やトラブルを伝えるために現れていると言ってもいいと思います。
とすれば、しみは「メラノサイト」による”メラニン”の大量生産をやめさせることができればなくなるのです。
しみをつくらず、さらにしみを消すには「メラノサイト」に強い刺激を与えなければいいのです。
ですがこれをずっと継続していかなくてはいけません。
継続することができないとしみは消えず、新たなしみができてしまうという悪循環に陥ってしまいます。
しみをつくらないアンチエイジングとして日焼け止めを必ずつけ、こまめに塗りなおすことや食事やサプリメントを用いてビタミンCを積極的に摂取するなど、基本的なことをいつでも行えるように心がけましょう。

詳しい情報はこちらです⇒しみ メラニン

関連記事