彼女とセックスして満足させるには平均13cm必要。
そんな情報を男性誌で目にした私はとても心に不安を覚えました。
なぜなら、自分のペニスが小さいと小学生の頃からイジリの対象とされてきたからです。
それと同時に、今の彼女をセックスで満足させることができるか?と思ったのです。
そんな不安を抱える毎日を追うほどに、あの情報は僕の心をむしばみました。
だんだんと彼女にセックスしようと声をかけていくのも減っていきました。
やはり、女性は勘がいいもので私の何かが変だと気づいたようです。
ペニスサイズがセックスに影響する事情を話したところ、
彼女は黙って私の家から去ったのです。
「また今度来るね。」という言葉を残して。

すぐに私はその意味がわからなかったのですが、
やはりセックスで彼女を満足させられていない一面があることは認識できました。
一念発起し、ペニス増大を自分の心に誓い、増大サプリを試すことにしました。
単純にセックス中大きくなればいいと考え、バイアグラやレビトラの使用も考えましたが、
常にペニスが大きい状態にしたいと思い始めました。
そうすることで、小学生の頃にいじられた短小コンプレックスも克服できると考えたのです。
実際にペニスを増大させる方法を調べていた時に、
私はヴィトックスαというペニス増大サプリを知りました。
半信半疑なものの、ものは試しと考え、ヴィトックスを購入しました。

参考: ヴィトックスα 口コミ

増大サプリを購入するまでに悩む時間はほぼなかったと言っていいでしょう。
正直なところ、飲み始めは何も効果がないように思ったのですが、
いつも見ている私と違って、久しぶりにあった彼女には
「なんかおっきくなってない?」と言われたのです。
自分自身実感はなかったのですが、彼女に言われたことで気を良くし、
ヴィトックスαを一気に5箱まとめがいしました。
そして、2ヶ月ほど試すと、実際に通常時1.5cm大きくなり、
3ヶ月目には2cmもサイズアップしたのです。
この結果に彼女は言葉には出さないものの、セックスでの積極性が増しました。
これはヴィトックスを飲んで正解だった一つの事例かもしれませんね。
もし、勃起状態だけでなく通常時もペニスを大きくしたいのであればヴィトックスをまとめ買いする。
これが最終的に一番コストパフォーマンスに優れた結果となるかと思います。

関連記事